慢性の腰痛で、痛み止めを長く服用していると胃が痛くなるなどの副作用が心配です。長期服用するのならば、身体に優しい漢方薬がお勧めですが、腰痛に効く漢方薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

腰痛を緩和してくれる漢方薬について説明しましょう。

どのような腰痛に効果があるの?

腰痛で悩んでいるという場合は、まず整形外科で診てもらいましょう。病名が分かる腰痛は医師の診断に従ってください。

しかし、腰痛のほとんどがレントゲンでは分からない原因不明の腰痛です。一時的に痛み止めを処方されても腰痛を根本的に改善することはできません。

原因不明とされる、筋肉が硬くなることで起こる慢性的な腰痛の場合は、漢方薬が有効です。

腰痛に効く漢方とは

東洋医学での腰痛は、腰部の経絡(けいらく)の流れが悪くなって起こると考えられています。

血・気などは経絡を通って身体全体に運ばれるとされているので、経絡の流れが悪くなるとエネルギーや栄養が、必要な部分に運ばれないということになります。

特に腰痛では腎虚(じんきょ)、血(けつ)、寒湿(かんしつ)を改善すると良いといわれています。

腎虚を改善

八味地黄丸、六味地黄丸、牛車腎気丸、独活寄生丸など、腎臓や肝臓また泌尿器や生殖器などの臓器に働きかける効果があります。

血を改善

桃核承気湯、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、加味逍遥散、五積散、疎経活血湯など、血液の流れと水分循環の環境を整えます。

寒湿を改善

当帰四逆加呉茱萸生姜湯、桂枝加朮附湯、苓姜朮甘湯など、血行促進して冷えを改善して身体を温めます。

漢方は血行促進、水分調整、冷え改善などの観点から、慢性腰痛を緩和するのに役立つといえるでしょう。